スタッフブログ

妄想の私的住宅事情
家づくりコラム

妄想の私的住宅事情6【リビング】

 家族が集い、安らぎと癒しを得られる場所、それがリビングだ。英語的には間違っている気がするが語感的、意味合い的には”生(ライブ)”の現在進行形ということにしておこう(笑)。
 リビングと呼ばれる空間はたいていの場合、家の中心に位置する。しかも日当たりの良い南面に位置することが多い。もちろん何らかの事情により、北側の日の当たらない片隅や、玄関を開けていきなり「こんにちは」的なスペースにリビングを作らざるを得ないケースもあるかもしれないが、作ってはいけないなどという法律はない。だが、ほとんどの方が南面に面した家の中心部分にその場所を配置する傾向がある。
 だか、いくら南側の日当たり良好な場所とは言え、リビングスペースが畳3帖ほどの大きさというのも如何なものかと・・・。これもまたもちろんのことだが何帖以上でなければリビングと呼んではいけない、などという法規はない。【3帖リビング】・・・(^^;)。

 4人家族と想定してもテーブルを置いてきちきちである。TVは壁掛け限定。ソファーなどはもっての他だ。しかも誰かが席を立つ際は、進行方向にいる人は一度席を立って場所を開ける必要に迫られる。これでは新幹線の座席か飛行機のエコノミークラス状態ではないか(笑)。
 それでもデメリットばかりではない。家族の距離がぐっと縮まるという効果もある。まさにフェイストゥーフェイス! 身動きの取れない親密な時間の共有は、家族の絆をいっそう深めてくれるはずである。
 そうはいっても3帖リビングにおけるテーブルの空間占有率は誠に高過ぎる。ここはせめて”卓袱台(ちゃぶだい)でいきたいところだ。卓袱台とはかつてリビングが【お茶の間】と呼ばれていた頃、どこの家庭にもあったであろう”昭和”の遺物的座卓テーブルのことだ。
 高度成長期のお父さんたちのストレス発散必須アイテムである(これもまた多少偏見入ってます・・・笑)。何か気に食わぬことがあればこれを勢い良くひっくり返せばよいのだ。奥義【卓袱台返し】である。今は当然NGだ(笑)。
 3帖ほどの空間なのでやたらと冷暖房効率が良いのも魅力の一つだ。冬などは鍋料理でもすれば暖房すらいらないほど温まること必至である。
 夕飯も終わり、一家団欒の折りには卓袱台にキャンドルでも灯し、お茶(お茶の間だしね・・・)でも飲みながら今日の出来事でも語り合えば、さらに家族の連帯感が強化されるはずである。
 
 ただし、3帖リビングの場合、お客様が来たときにはかなり人口密度が上がるので酸欠には十分注意して頂きたい(^_^;)。
 
 

  1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 妄想の私的住宅事情
  4. 妄想の私的住宅事情6【リビング】

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜・第2土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください