スタッフブログ

家づくりコラム
建築用語マニアック辞典

建築用語マニアック辞典は行編(特別編)

建築用語マニアック辞典 は行編

  • 2013.05.07 Tuesday
  • 12:26

【鼻隠し】・・・屋根垂木先端部の木口面に打ち付ける板。軒天を納めるのと雨樋を取り付ける際に必要とされる部材。語源的には垂木の鼻を隠すのでこのような名前が付いた(そのままやんけ~笑)。イメージとしては建物のマスクと思ってもらえば間違いない(笑)!

【火打ち】・・・建物の水平面に斜め45°で設置する部材。木製であったり鋼鉄製であったりする。これを入れることにより床面耐力が上がり耐震の一翼を担う。
現在は剛床(ごうしょう)という24ミリ以上の合板を細かく釘留めすることによって火打ちの替わりとしている。
なぜ火打ちと言うのか諸説いろいろだが、着物の袖と脇の間にある三角形の部分を火打ちと呼ぶことから由来しているのではないかと・・・。真偽のほどは定かではない。

【プレカット】・・・木造軸組工法の構造材を工場のコンピューター制御された機械で刻むこと。若い大工が自分で墨付け、刻みが出来なくなった一要因(笑)。「昔はおまえなぁ自分で一から十まで・・・」と言ってるベテランの職人にも実はありがたい代物であったりする(笑)!

【ベンチマーク】・・・建築図面上における任意の水準点を示す記号。たいていの場合道路縁石天端かマンホールといったような公共的な不動のモノで設定する事が多い。そこを基準に建物の地盤や階高を設定する。
通常図面上では【BM】と表記されている。
※言うまでもないが、その場所にドイツの高級車を駐車しておくという意味ではない(笑)!

【坊主面】・・・木材の面加工の一種。お坊さんの頭のように丸みを帯びた面の呼称。通常5~10Rぐらいの半円で加工される。「私の知ってる住職の頭ってどっちかというと台形に近いのよね~」・・・そう言われてもあくまで一般論である(^_^;)。
※同類語【銀杏面】、【瓢箪面】。

 

★★★【あとがき的追記】★★★

 

【破風(はふ)】・・・切妻屋根などの妻部分の垂木や母屋を隠すように打ち付けてある板。

【類義語】・・・【鼻隠し】。

 似たような使用目的なのだが、用いられる場所よって名称が異なる。

 風を破る。昔の日本建築(主に寺社仏閣)には化粧垂木を用いることが多かったので【鼻隠し】的な板を打ち付ける事は殆どなかった。風雨に晒されるのはもっぱら建物の妻部分だったので、風雨から建物を守る意味でこのような名がつけられたのだろう。

 【破雨(はう)】でも良かったのだろうが、なんとなく【破風(はふ)】の方が語感が良いような気が・・・(^^;)。

家づくりコラム
建築用語マニアック辞典

建築用語マニアック辞典な行編(特別編)

建築用語マニアック辞典 な行編

  • 2013.05.06 Monday

 

【海鼠壁(なまこかべ)】・・・左官仕上げの塗り壁の一種。瓦と漆喰によるヒシクロス(四半目地)模様の壁。漆喰目地の盛り上がった部分が水棲生物の海鼠に似ていることからこう名付けられる。似ているかどうかは意見の分かれるところ(笑)。蔵や土塀の壁に多く用いられていた。最近はあまりお目にかかれないが、イメージとしてはくら寿司さんの外観(笑)。
※同音異義語【ナマコ】・・・亜鉛鉄板の波型の板。

【ニッチ】・・・壁面に埋め込まれた飾り棚の呼称。珪藻土やスイス漆喰の塗り壁で仕上げた場合、ちょっとしたアクセントになり雰囲気が良くなる。
※【ニッチ】と聞いて“にっちもさっちもどうにもブルド~ック♪”などと思わず口ずさんでしまうと、廻りに40歳以上の方がいないと奇異な目で見られることがあるので注意が必要(笑)。

【濡れ縁】・・・主に和室掃き出し窓から外部に隣接する部分に設けられた木製のベランダ。雨に濡れてしまう縁側ということでこのような名前。
※類義語【ウッドデッキ】補足ではあるが、ウッドデッキも雨に濡れてしまうが【濡れデッキ】とは言わない(笑)。

【猫】・・・ニャンコに非ず(笑)。建築で猫と言えば一輪車のことである。基礎工事や外構工事で生コンを運搬する際に使用する。もちろん三毛だのシャムなどという区別はしていない・・・はずである(笑)。

※用例「使い終わった猫洗っとけ・・・」そこで勘違いすると引っ掻き傷を作ることになる(笑)。

【野地板(のじいた)】・・・屋根垂木の上に乗せる下地用の板。今は構造用合板が主流。野地板は当然勾配の付いた高所で貼るため、ある程度の危険を伴う。30度(6寸勾配)を超える屋根の場合、無理とは分かっていてもスパイダーマンに変身したいと願う職人が多々いることを追記しておく(笑)。0

 

★★★【あとがき的追記】★★★

 

建築用語とは全く関係ありませんが、 『な行』には何故か他の行に比べると妖しげでXファイル的な用語が多かったりします(あくまでも私的感想です・・・笑)。

 【ナスカの地上絵】…言わずと知れた南米ペルーの広大な大地に描かれた謎の絵。世界遺産でもある。ハチドリやクモが有名。宇宙人が書いたという説も・・・。老眼の私にとっては建築図面もあれぐらい大きく書いてもらえるとありがたいのだが・・・でかすぎでしょう(笑)。

 【忍者】…今も存続しているかどうかは定かではないが、江戸時代あたりにいたとされる日本版のスパイ。今でいうところの『CIA』や『MI6』のようなもの。甲賀と伊賀という2大勢力があったとされる。忍者と言えば『手裏剣』だが、建築道具(ツール)の丸ノコの刃である『チップソー』の形状が『手裏剣』の形を元に開発されたという説があるが、それはおそらく嘘であろう(笑)。

【ぬらりひょん】…ぬらりって・・・相当妖しげな語感だが、案の定『妖怪』の名前である(笑)。実在するかは定かではないが、居たらいたでヤバイです・・・(笑)。

【ネッシー】…そう言えばいましたねって・・・いや、居るかどうかは未だに分かりませんが・・・(笑)。イギリスのスコットランドにあるネス湖に時折現れるらしい未確認巨大生物。そう言えば最近はあまり話題になりませんね(^^;)。

 

【ノストラダムスの大予言】… 「1999年7月空から恐怖の大王が・・・」というフレーズでふた昔ぐらい前に話題となったベストセラー。2020年の今となってはね・・・( ;∀;)。しかし『恐怖の大王』って実態が分からないだけに怖いですね。

 

というわけで、もうほとんどこじ付けです(^^;)。

前回のた行編に引き続き読み辛い用語、な行編。

【長押】・・・思わずスマホの電源を切りたくなってしまいますが(笑)・・・建築用語的には『ながおし』ではありません。

正解は「なげし」。

和室などの鴨居や付け鴨居の上にぐるりと廻っている巾100㎜ほどの板の名称。

最近、一般の戸建て住宅ではあまり見かけなくなりました。

 

 

建築用語マニアック辞典
家づくりコラム
建築用語マニアック辞典

建築用語マニアック辞典 た行編(特別編)

建築用語マニアック辞典 た行編

  • 2013.05.05 Sunday

 

【耐力壁】・・・筋違いや構造用合板によって補強された壁。構造計算に基づき耐震基準を満たす壁。大工によってはこの耐力壁を作るためにえらく体力を使うため【体力壁】と呼ぶ者もいる(笑)。
※類義語【耐震壁】、【構造壁】

【チーズ】・・・給水管や排水管に用いられるT字状の継手部材の一つ。カマンベールやチェダーといった銘柄は特にない(笑)。
※対義語【エルボ】(L型部材)。

【妻】・・・切り妻屋根側面の三角形に相当する壁面部分。ちなみに切り妻屋根の三角形端部のことを「ケラバ」と言う。
三角形でないほうは【流れ】と言い、残念ながら【夫】ではない(笑)。

【天カセ】・・・天井カセット(埋め込み)型エアコンの略称。天井部分に十分な懐がないと設置が厳しい代物。冷房時にかなりの効果を発揮する。
※壁掛け用のエアコンの場合はただの【エアコン】(笑)。建築図面上では【AC】と表記されることが多い。

【デンデン】・・・雨樋の縦樋を固定する金具。玩具のデンデン太鼓に似た形状のためそう呼ばれている。
カタツムリとの関連性は不明(笑)。

【鳥の子】・・・鳥の子供(雛)に非ず。襖紙の総称。鶏卵に似た色合いのためそう名付けられる。和紙の一種。【ひよこ】ではなくあくまでも【鳥の子】である(笑)。
※類義語【本鳥の子】、【新鳥の子】

 

 

★★★【あとがき的追記】★★★

 

 

た行には、意外と読めない漢字の用語があったりします。

例えば【三和土】…「みわど」?…ではありません(笑)。

正解は「たたき」。

どのような経緯をくぐり抜けてこのような漢字が充てられたのかは不明ですが、玄関や昔の農家の厨房の床など、踏み固められた土の床のことをこう呼びます。

 叩いて、叩いて、叩きぬいて固められた土間なので、もうやけになってこう名付けたのかもしれませんね(^^;)!?

 

 次は【鉄刀木】…「てっとうぼく」?…ではありません(笑)。

 正解は「たがやさん」。 

ワォッ!  【向日葵】と書いて「ひまわり」と読ませる以上に難易度高すぎです(笑)。もう漢字検定1級レベルですね(^^;。

 【鉄刀木(たがやさん)】は中国原産の銘木です。床柱などに使われる事が多く、【紫檀】、【黒檀】、【鉄刀木】と呼ばれ唐3大銘木の一つです。余談ですが世界3大銘木は【ウォールナット】、【チーク】、【マホガニー】だそうです。もう、高級家具のイメージですね(^^;。

 

 そして【蹲踞】…「そんきょ」?…とも読みますが(笑)。

 建築用語的な正解は「つくばい」。

 庭などに据えられた石製の手洗いのこと。イメージとしては石臼に水を張ったような感じです(^^;)。

 

 もうこの辺にしておきましょう・・・( ;∀;)。

家づくりコラム
建築用語マニアック辞典

建築用語マニアック辞典さ行編(特別編)

建築用語マニアック辞典 さ行編

  • 2013.05.04 Saturday

 

【猿】・・・モンキーにあらず(笑)。木製の雨戸に閂(かんぬき)状に取り付ける木製のロック機能の呼称。なぜ猿なのかは不明。モン・キー(鍵)だから・・・(笑)?

【地獄ホゾ】・・・土台もしくは横架材と柱を緊結するための仕口の一種。
柱のホゾ部分に縦の割れ目が入った柱を、土台もしくは横架材のホゾ穴の中で楔状に加工されたホゾ穴に差し入れる事によって、柱ホゾがホゾ穴の中で扇状(逆楔状)に開き絶対に抜けなくなるという恐ろしい仕口!
途中で後戻りの効かない一発勝負のリスクの高い仕口。接合金物の進化した現代ではあまり使用されることはない。

※ちなみに【極楽ホゾ】という仕口はない(笑)!

【過ぎ山】・・・建築職人がある基準ラインを越えた時に発する言葉。もちろん日本地図のどこを探してもこの名の山はない(笑)。
※用例 建て方時、柱の垂直を決める際、垂直ラインを少し超えてしまった場合に「ちょい過ぎ山!」。

【背割れ】・・・柱の4面のうち1面だけに柱芯まで柱の上から下までの縦方向にノコ目を入れ、他の3面にひび割れや歪みを生じさせない加工の一種。
主に桧の化粧柱や丸太化粧柱にこの処理が施される。
背割れ面には自己犠牲の精神が宿り、この面を無闇やたらと粗末に扱ってはいけない(笑)。この面に対峙する際はしばし黙祷を捧げたのち作業にあたるべし(笑)。

【ゾーニング】・・・建築プランニングにおける作業工程の一種。建物全体を生活動線やライフスタイルにあわせ適切な空間に区切っていく作業。
※類義語 【間取り決め】。もちろん象は関係なし(笑)。

 

 

★★★【あとがき的追記】★★★

 

 

さ行変格活用『せ、し、す、する、すれ、せよ』・・・というわけではありませんが(笑)さ行変格番外編です!

 

【猿】のように動物の名前が付いた用語というものは、建築用語では割と多く見受けられます。

 例えば【犬走り(いぬばしり)】…ドッグランに非ず。いや、もちろんワンちゃんも走ってOK(笑)! 建物基礎部外周面をコンクリート土間で固めた部分。

 犬とくれば猫(^_-)!

 というわけでこちらは【キャットウォーク】…吹き抜け上部などに設けられた狭い格子状通路の呼称。もちろんニャンコちゃんが歩いてもOK(笑)。

 

 あとは【ゾーニング】…だから・・・しつこいようですが、象とは関係ありません(笑)。

 

それにしても、犬は走って猫はウォーキングなのですね(笑)。「雪やこんこん・・・♪」という歌を思い出すのは私だけ?・・・(^^;)。

 

家づくりコラム
建築用語マニアック辞典

建築用語マニアック辞典か行編(特別編)

 

建築用語マニアック辞典 か行編

  • 2013.05.03 Friday

 

【軽子(かるこ)】・・・女性の名前ではない(笑)。墨壷や水糸の糸の先端部にある針の付いた瓢箪型のモノ。これを材料に差し糸の起点とする。
※用例「最近軽子(カルコ)の調子がイマイチなんだよね~」こんな事を奥様の前で呟くとあらぬ誤解を招く恐れがあるので、この言葉、使用上の注意が必要(^_^;)。

【木殺し】・・・木材の小口切断面を玄能(ハンマー)などで叩き湿気などによる木材の膨張を抑える技(わざ)の一種。
ただし、中途半端に叩くとその後蘇ってくる場合もあるので作業にあたる際はゴルゴ13並みの気構えでのぞむべし(笑)!

【グルニエ】・・・小屋裏に設けられた固定式の階段の付かない部屋の総称。元はフランス語。
※同義語・・・小屋裏収納、ロフト。
※用例 工務店との打ち合わせの際「我が家のグルニエにはこんな照明器具を使いたいんですよ」などと言えば、この御方只者ではない! と思わせる効果あり(笑)。

【源造(げんぞう)】・・・男性の名前ではない(笑)。和室などの内法材を取り付ける際に用いられる技(わざ)の一種。化粧柱間に材料を取り付ける際に、なんの細工もせずズバッと切って納める技法。ある意味潔い技ではあるが、柱に捻れがあったり材料が乾燥していないと木材の小口が透いて見えるため、技としてはリスクが高く上級者向けの技(わざ)の一つ。
※余談 その昔、大木源造(通称ゲンさん)という大工がこの技を得意としており、事ある如くこの技を使用し、廻りの者を唸らせていたとか・・・ただし、真偽のほどは定かではない(笑)。

【勾 股 弦(こうこげん)】・・・大工による差し金(さしがね)を使った規矩術で直角三角形の一つ一つの辺の呼称。なにやら中国っぽい響きを匂わせる言葉の通り、古来中国より伝わりし高等数学の一つ。三平方の定理を含め複雑な屋根の納まりを導き出せる優れモノの記号の一種。
建築業界でも大工以外にはあまり知られていないという秘伝中の秘伝。究極の奥義ような代物。

※用例「・・・・・」秘伝中の秘伝のため掲載不可(難解なため掲載しないという噂も・・・)(~。~;)?。 

 

 

★★★【あとがき的追記】★★★

 

 

【木殺し】…とはホント、物騒な言葉ですね(^^;)。

 文中でも記されている通り、中途半端な打撃では木は死にません!

 タフなんです(笑)。

 【木蘇生】…そんな言葉はありません(笑)。が、しかし、多少の引っ込み傷ならば材木は甦ります!

 傷口に魔法の水をかけるだけ・・・いや、ただの水道水でOKです(^^;)!

 木は水分を含むと膨張するという性質があります。

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜日
第2、第4土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください