スタッフブログ

家づくりコラム
建築士のつぶやき

サッシ性能の変化

昨年から窓の断熱化に対して結構な割合の補助金制度が出来ました。

「先進的窓リノベ」といわれるものです。

以前にも窓の断熱化には東京都などが補助金制度を用意していましたが、今回の国が行っている「先進的窓リノベ」は補助率が非常に高く、とても魅力的なものとなっております。

2023キャンペーンは受付終了となりましたが、2024(今年3月中下旬から受付予定)も同様の補助金が用意されており、多くの需要が見込まれます。

 

今まで数多くの住宅を見てきましたがサッシ性能の進化は目を見張るものがあります。

50年以上前の住宅は木製建具で、丸いかまぼこ型のレールの上を建具が走り、風が吹くとガタガタと音がする、ほぼ断熱性能はありませんでした。雨風をしのげれば良いと言う考えでしょう。

その後アルミサッシなるものが登場し、雨風をしのぐという点では優れていたかもしれませんが、いかんせんアルミという素材は熱伝導率が高く、断熱性能に関してはむしろ木製建具より劣っていたかもしれません。また結露の問題も発生しました。

開口部の断熱性能が注目されるようになったのは30年ちょっと前頃ではないでしょうか? 私が以前(およそ30年前)勤めていた大手ハウスメーカーでさえ、アルミサッシに単板ガラスでしたから。

その後ぺアガラスが出現、当時は高価なものでした。そしてアルミ樹脂複合サッシが登場し、オール樹脂サッシが出始めました。

 

壁の断熱も大事ですが、やはり熱の出入りの多くは開口部です。カーボンニュートラルのために国や自治体もようやく本腰を入れ始めたのでしょう。

補助金が手厚く出ている間にぜひ、窓の断熱化を進めて行きたいものです。

新築現場109(八王子市Y邸)
現場レポート

基礎工事

基礎工事が進んでいます。 地鎮祭の際にお預かりしました”鎮め物” を納めました。
中には土地の神にお供えする人形や鏡などが入っているそうです。
箱には”齋鎮”と書いてあります。[いみしずめ]と読みます。
{CAPTION}

現場レポート
リフォーム現場情報

外構工事

素敵な門扉、門柱が、完成しました‼️

現場レポート
リフォーム現場情報

外構工事

門扉の改修作業中です! エクステリアもおまかせください!

現場レポート

地鎮祭

本日、地鎮祭。 絶好のお天気の中、地鎮祭を執り行いました。 工事の安全とお施主様の益々の発展を祈念し、無事終えることが出来ました。
まずは地鎮祭、誠におめでとうございます!

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜日
第2、第4土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください