スタッフブログ

建築あるある秘帖
家づくりコラム

建築あるある秘帖11【触ってはいけないモノ】いよいよ最終回

「触らぬ神に祟りなし」などと言う言葉があるが、出来れば神様にもそのあたりの対応は大人の対応で望んでいただきものである(笑)!
 とは言うものの、寝ている子供と神様にはなるべく触れない方が身のためかもしれない・・・(^_^;)。
 建築においても、うっかり触ったがために窮地に追いやられるケースというものが少なからず存在する。
 今回はそんな”あるある”である。
 まず多いのが家電製品に絡む災厄である。特に古い”エアコン”。これは要注意だ! エアコンが設置してある壁面の工事でどうしてもエアコンを外さなければならないケースというものがある。しかもそれをまた元に戻さなければならないといった場合に、モノを復旧後に壊れるというケースが多々ある。今まで普通に使えていたのに・・・と良く言われるのだが、家電製品の宿命でちょっとした振動や、僅かな衝撃で作動しなくなるという場合がある。
 エアコンの次に多いのがTVと照明器具である。
 TVなどは一度主電源を切ったがために(普段は待機電源)永遠にブラックアウトとか、アンテナの同軸ケーブルを差し替えただけで[ビーキャスガードが正しく挿入されていません]などというこちらにしてみれば濡れ衣的な表示が出現したりする。正しく挿入してるのに画面はそのままとか・・・(^_^;)。
 TV本体自体の寿命なのかもしれないが、何故このタイミングで・・・というケースが往々にしてある(^_^;)。
 照明器具などもクロス張り替えの際に一度外して戻してみたら、灯りがつかないとか(昔の白熱灯や蛍光灯によく有りがちであるのだが・・・)、こちらも何故このタイミングで・・・というほどに絶妙な間でタマ切れになったりする。
 我々の業界ではこのような現象を【トドメの一撃を与える】または【渡したくないけど引導を渡してしまった】と称している(^_^;)(笑)!
 我々がそのモノに触れなければあと1日、もしくは1カ月持ったかもしれない製品を触れたがために壊れるキッカケを作ってしまうというなんとも切ない現象である。
 だからと言って工事の都合上、タッチせざるを得ないのでこのような現象を回避するのは難しいものである。
 
 言うまでもないが【トドメの一撃】だからと言って奥義とか必殺技があるわけではないのであしからず・・・・(ー_ー;)。

  1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 建築あるある秘帖
  4. 建築あるある秘帖11【触ってはいけないモノ】いよいよ最終回

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜・第2土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください