スタッフブログ

家づくりコラム
建築職人ガイドブック

建築職人ガイドブック18番外編【外構屋】いよいよ最終回

【外構屋】

前回で新築工事における建築職人さんたちをだいたい紹介させて頂いたのですが、今回は番外編(ボーナストラック的なモノ)ということで、家の外を工事する外構屋さんを取り上げたいと思います!
実は外構も家の一部というか付随する大事なパーツであります。
例えば、門扉、ブロック、フェンス、駐車場、植栽等々・・・。これらを総称して”エクステリア”と呼びます。
外構屋さんは家の外回りを美しく彩る職人さんです。
外構屋さんはまず土を掘ります。スコップ等の手で掘ることもありますがたいてい”ユンボ”と呼ばれるショベルカーで掘ります。熟練の職人ともなるとユンボの爪の先に毛筆を貼り付け【謹賀新年】と書き初めが出来ると言います(真偽のほどは定かではありませんが・・・笑)。
ブロック等も水平はもちろんですが糸を張ったように一直線に積んで行く技術が要求されます。
そしてコンクリート技術にも長けていなければなりません。”生コン”と呼ばれるセメントと砂利と砂を混ぜたモノを固まる前にキレイに仕上げなければなりません。その日の気温や湿度、天候などによって仕上げ方が変わって来ます! コンクリートの性質を熟知していなければ出来ない作業です。
外構でも”植栽”となると図面上の数字だけでは推し測れません。もうこの辺は感覚的なモノなので職人さんのセンスが問われる所です。
家を訪れて最初に目に入るのがこれらのエクステリアなのでとても重要な役処です。その家の第一印象を決めてしまうモノなので・・・。

もし許されるなら駐車場のコンクリートの上にでもユンボの爪の先で”Welcome”と彫り込みを入れてもらいましょうか?(^_^;)。

 

今回が【建築職人ガイドブック】の最終回です。ご愛読ありがとうございました。現場でこれら職人さんたちを見かけたら、どうか労りと励ましの声を掛けてあげて下さい!

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜・第2土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください