スタッフブログ

妄想の私的住宅事情
家づくりコラム

妄想の私的住宅事情5【キッチン】

 

 住宅における”キッチン”という空間は、食事を作ったりその後片付けをするためだけに存在する特異な場所である。
 もちろんキッチンに布団を敷いて寝ても誰も文句は言わないと思うがわざわざそこで寝ることもないだろう! キッチンにはキッチンとしての存在意義、もしくは役割というものがあるのだ。
 その役割とは前述したように食事を効率良く作るためのスペースだ。そのためにシステムキッチンがあり、食器棚があり、家電収納(電子レンジや炊飯器)や冷蔵庫がある。
 それらは全て料理を作り、後片付けをするための必須アイテムみたいなものだ。そこにソファーや布団があっても邪魔なだけだ。ただし、椅子だけは欲しい! 何故料理や洗い物を立ってやらなければならないのだろうか? 座ってやって何故悪い。第一、立ちっぱなしでは疲れるではないか(笑)。
 椅子もキャスター付きの回転式のやつが望ましい。しかも座面はやや高め。キッチンのトップの高さも通常より低め設定だとありがたい。机サイズまで下げると収納スペースが減ってしまうのでH=800ぐらいが良いのではないだろうか。
 座りながら料理が出来るので煮込み料理などの時間のかかる作業も苦ではなくなる。もうゆったり座りながらスマホを見たり、音楽を聴いたり、読書だって出来るではないか。
 座ったまま冷蔵庫を開けてモノを取り出すのはかなり苦しいが、そのぐらいは立って取り出してもらおうではないか(笑)。
 高い位置にある吊り戸棚のモノでも椅子を踏み台代わりに使えばよろしい。ただしその際は回転の固定をお忘れなきように・・・アイススケートのスピン状態必至なので・・・(笑)。
 ただ、椅子がそのままそこにあるとやはり邪魔である。キャスター付きの椅子なのでフットワークを上手く使えば配膳も座ったまま🆗! 食事をするときはその椅子をダイニングテーブルに座ったまま移動すれば丸く納まるというものだ。家族全員がこの手の椅子にしておけば食器の後片付けも楽である。車椅子の方にも抵抗が無いはずだ。
 
 ただし一度にキッチンへ殺到すると狭いスペースなので渋滞注意だ(笑)!
 
 

妄想の私的住宅事情
家づくりコラム

妄想の私的住宅事情4【浴室】

 

 前回の【トイレ】編では無くてもいいモノなどと書いてしまったがやはりあるに越したことはないのが【浴室】もしくはお風呂場である。ここはたいてい洗面脱衣室と一対で取り扱われるスペースである。まな板と包丁のようなものだ(笑)。
 一般住宅ではまずないが浴室と洗面脱衣室が離れているところがある。それは秘湯の温泉! 脱衣室から延々とほぼ裸のまま湯船へと向かう行程は、気恥ずかしさと妙な期待感が入り交じった複雑なものだ。その気分を味わいたい方は是非間取りに組入れて頂きたいがそういう方はごく少数であろう(^_^;)。
 今回は洗面脱衣室&浴室をセットで考えてみたい。
 そもそも切っても切り離せないこの2つのスペースが、隣接しているとはいえ別々のスペースにあるのがもったいない! 浴室と洗面脱衣室という2大水廻りスペースが上手く共存出来ないものだろうか?
 基本この2つのスペースは”洗う”ということに特化した空間である。ここをシンプルにまとめられないだろうか!?
 たいていの場合、洗面脱衣室には”洗濯機”という家電が置かれている。もちろん”衣類”を洗うモノだが”衣類”が洗えるのだから人間の体だって根性で洗ってもらおうではないか(無理、無理・・・笑)。
 さすがに洗濯機の中に人間が入るのは憚れる(笑)。ドラム式などで試みようものなら、さしづめマジックの水中脱出ショーさながらの様相を呈するのが落ちだ。では人間も洗えるのだから衣類ぐらい洗えるだろうという発想で行こうではないか! 
 浴槽に洗濯機機能が付いていればいいわけだ。まず洗い場で服や下着を脱ぎ浴槽に放り込む。後は全自動だ。衣類を洗っている間に自分の体も洗えば良い。時間のない方は服を着たまま湯船に浸かっていればよろしい! 洗濯も風呂の残り湯を使うまでもない。服も体も丸洗い! 一石二鳥だ。だがその際、脱水、濯ぎの試練に耐えられるのかが問題なのだが・・・(笑)。まぁこれも慣れということで・・・(笑)!
 洗濯された衣類は、超強力な乾燥機で乾かせば良い。乾燥機の吹き出し口の真下にくればドライヤー代わりにもなる。乾燥機を掛けることによってお風呂の黴も予防出来るだろう。もういっそうのことドライサウナ仕様にでもすれば完璧だ。
 浴室にはたいてい鏡も付いているので歯を磨いたり、身だしなみを整えることだって出来る。
 あとは浴室の外に畳1帖ほどのスペースがあればバスタオルで体を拭き、服を身に付け、体重計に乗り、足つぼマッサージマットを痛いながらも踏みしめる。冷蔵庫など置ければキンキンに冷えた瓶の牛乳(もしくは明治のフルーツ牛乳[※現在販売中止のはずだが・・・])を腰に手をあて飲んでも様になる。もう毎日が銭湯気分である!
 
 ただし、現状の技術でこれをやろうとすると光熱費が馬鹿にならないとだけ追記しておく(^_^;)。

家づくりコラム
建築職人ガイドブック

建築職人ガイドブック18番外編【外構屋】いよいよ最終回

【外構屋】

前回で新築工事における建築職人さんたちをだいたい紹介させて頂いたのですが、今回は番外編(ボーナストラック的なモノ)ということで、家の外を工事する外構屋さんを取り上げたいと思います!
実は外構も家の一部というか付随する大事なパーツであります。
例えば、門扉、ブロック、フェンス、駐車場、植栽等々・・・。これらを総称して”エクステリア”と呼びます。
外構屋さんは家の外回りを美しく彩る職人さんです。
外構屋さんはまず土を掘ります。スコップ等の手で掘ることもありますがたいてい”ユンボ”と呼ばれるショベルカーで掘ります。熟練の職人ともなるとユンボの爪の先に毛筆を貼り付け【謹賀新年】と書き初めが出来ると言います(真偽のほどは定かではありませんが・・・笑)。
ブロック等も水平はもちろんですが糸を張ったように一直線に積んで行く技術が要求されます。
そしてコンクリート技術にも長けていなければなりません。”生コン”と呼ばれるセメントと砂利と砂を混ぜたモノを固まる前にキレイに仕上げなければなりません。その日の気温や湿度、天候などによって仕上げ方が変わって来ます! コンクリートの性質を熟知していなければ出来ない作業です。
外構でも”植栽”となると図面上の数字だけでは推し測れません。もうこの辺は感覚的なモノなので職人さんのセンスが問われる所です。
家を訪れて最初に目に入るのがこれらのエクステリアなのでとても重要な役処です。その家の第一印象を決めてしまうモノなので・・・。

もし許されるなら駐車場のコンクリートの上にでもユンボの爪の先で”Welcome”と彫り込みを入れてもらいましょうか?(^_^;)。

 

今回が【建築職人ガイドブック】の最終回です。ご愛読ありがとうございました。現場でこれら職人さんたちを見かけたら、どうか労りと励ましの声を掛けてあげて下さい!

妄想の私的住宅事情
家づくりコラム

妄想の私的住宅事情3【トイレ】

 

 トイレ・・・これほど個室の似合う場所はない!
 当然と言えば当然だ(通常定員1名だ)。この大前提を利用してもっと素晴らしい空間に出来ないだろうか!?
 トイレこそ”家”にとって無くてはならないスペースである。最悪浴室がなくとも生きて行ける! だがトイレがない家は困る。出るモノは出るのだ(笑)。
 トイレは一つよりも二つあった方が何かといい。朝のお出掛け時間帯に重なるのは世の習わしだ。
 しかも完全個室というのがいいではないか! たいてい鍵まで付いているし、推理小説用語を使わせて頂けるなら完璧なる【密室】である。便器に座ればもうそこは自分だけの癒される空間だ。
 こんな素敵な空間が家の中に、1つ、ないし2つではもの足りない。家族4人暮らしなら、一人にひとつずつ[マイ・トイレ]があってもいいのではないだろうか。お父さんトイレ、お母さんトイレ、息子トイレ、娘トイレ。子供部屋とかお父さんの書斎を作るよりぐっと少ないスペースでこと足りるのではないだろうか!? 余ったスペースでリビングをもっと広くとってもいいし、贅沢な吹き抜けなんかを作ってもお釣が来てしまう。
 そのためには快適な個室に堪えうる仕様でなければならない。
 まずトイレに無くてならないモノ。それは便器だ(まぁこれがあるからトイレなのだが・・・笑)!
 便器は陶器で致し方ないが、便座部分をどうにか出来ないだろうか。座り心地には拘りたいところだ。たいていはプラスチック樹脂製のモノが主流だがソファーのように革張りとか、肌触りの良い布張りとか・・・。
 長時間居たい方にはリクライニング機能があると便利だ。便座の蓋がそのまま背もたれになれば良いではないか(タンク付きは厳しいが・・・)。そうなるとひじ掛けも欲しくなる。今は壁掛けリモコンが主流だがかつてのウォシュレット便座には便座の横に機能装置が付いているものがあったがそれを内蔵したまま、ひじ掛けに出来ないだろうか!?
 また、脱臭機能も充実させたい。焼き肉屋にあるような強力なファンが天井に内蔵されているとか・・・。さらにアロマの香りで部屋を満たすのもいいかもしれない!
 トイレで本や雑誌を読むという習慣の方もおられると思うが、そうなるとちょっとしたライティングデスク的なものも必要だろう。便器の正面が扉ならそこから飛行機や電車の背凭れ裏側に付いているような折り畳み式テーブルが倒れて来るというのはどうであろうか。距離的にはちょうどいいような気がするが・・・。
 そんなことしているとドリンクサービスも欲しくなる(笑)。一杯のコーヒー片手に、読書やタブレットで映画鑑賞などもいいかもしれない。
 便座部分がオフィスの椅子みたいに回転すればなおよろしい! 身体をひねらずともトイレットペーパーは取れるし、壁側面に収納棚でもあれば立たずして必要なモノが手に入る。まぁ機能的に可能かどうかはトイレメーカーさんに聞いてみないとわからないのだが・・・(^_^;)。
 
 とにかくトイレこそ最強の個室であることは確かな事実である!

家づくりコラム
建築職人ガイドブック

建築職人ガイドブック17【クリーニング屋】

【クリーニング屋】

工事中というのはとかくゴミや埃などで現場は汚れるものです。もちろんその都度掃除はマメにしているのですが、それでも窓や床などは細かな埃がついてしまいます。そこで最後に登場するのが【クリーニング屋】さんです。
もちろんそこでYシャツやスーツをキレイにするわけではありません(笑)。
[ハウスクリーニング]、家をまるごと徹底的に掃除します。
窓ガラスやアルミサッシは基本、水洗いです。床に掃除機をかけ、微細な埃を吸いとります。
各種洗剤、ブラシにハケ、スポンジ、雑巾、とあの手この手で家をクリーニングしています。
ご希望とあらば、キレイに掃除された床にワックス掛けまでしています!
“家”を一つの商品と考えるのなら、埃ひとつないまっさらな状態でお客様にお買い上げ頂くというのがあたり前田のクラッカーです(これ、関西圏の方たちにしか通じないですかね笑)。

クリーニングされた透き通るような窓から眺める外の景色は格別なものです! これでいよいよ工事も終わりだな~と思える瞬間です。
あ、もちろんリフォーム工事でもハウスクリーニングは承っておりますので新築気分を味わいたい方は是非・・・!

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜・第2土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください