スタッフブログ

家づくりコラム
建築あるある秘帖

建築あるある秘帖6【雨降って地固まる】

 てるてる坊主とは・・・。
 雨が降って欲しくないときに軒先や、バルコニーの物干しなどに吊るす例の呪術的人形である。
 あれは、小さければ可愛いのだが、人間大の大きさでぶら下げようものなら縊死死体のように見えてかなり不気味だ(作るのが大変そうだけどね)。
 それと雨と言えば傘だが、その中でも折り畳み傘が嫌いである。持ち運びはコンパクトで良いのだが使い終わって折り畳む時、どうしてもキレイにピッタリと折り畳めない。単に不器用なだけなのだが、完璧に折り目正しく畳まれていないとどこか気持ち悪い。どうでもいいことなのだが・・・。
 そんな雨だが建築業界においては天敵である。特に外部工事では多大なる影響を受ける。予定していた工事が遅れる最大の原因だ。さらに古い住宅となると、”雨漏り”という現象も発生したりする。これがまた厄介で根本原因を特定するのが難しい。家にバリウムでも飲ませてX線撮影したいぐらいである(^_^;)。
 また雨の最強ヴァージョンとして”台風”というものが毎年律儀にやって来る。しかも強風という”おまけ”付きだ(^_^;)。その度に足場の養生ネットを畳んだり、雨に濡らしたくない部分をブルーシート等で養生する。この手間が馬鹿にならない。
 このように雨が降れば現場にとって良いことというのはあまり無いような気がする。それでも雨は必ず降る。まあ、農家の方達にとっては恵みの雨なのだろうが・・・。
 建物を建てる前に行う”地鎮祭”という土地鎮めの儀式があるのだが、その時たまたま雨降りだった場合などは「雨降って地固まる」という慣用句を使いマイナスイメージからプラスイメージへと変換させる必殺技があるのだが、他の場面では今一説得力に欠ける。
 
 最後はもう自虐的に自分は”雨男”なのでとか、”雨女”なのでと開き直るしかない。何を隠そう”雪男”でしてとか、実は”雪女”なの、などと言うより多少の説得力はある・・・と思うのだが・・・(^_^;)。

家づくりコラム
建築あるある秘帖

建築あるある秘帖5【予定は・・・予定である】

皆様はスケジュール管理をどうされているだろうか?
 手帳、スマホ、カレンダー、家の壁に殴り書き(笑)・・・等いろいろあるだろうがそれぞれ自分にとって使い易いもので管理していることと思う。
 私の場合は手帳である。毎年年末になると翌年の手帳を購入する。それがだいたい似たようなモノを選ぶのだが、何故だかちょっとだけ装丁を変えたモノを選んでしまう(色違いとかね・・・)。そこには何かしら今の自分を少しでも変えたいという願望が含まれているような気がする!
 その手帳なのだがスケジュールを書き込む以外にも付録的に変な雑学的なモノが記されているではないか。例えば【世界時差一覧表】とか、【通貨単位表】(この2つ、もう見るだけで海外旅行気分だ)とか、【年齢早見表】。これなどは邦歴、西暦、年齢、干支まで含まれた優れモノである。さらに【疲労回復のツボ】なるものはご丁寧に図解付きだ。また、虫メガネでも使わない限りどう見ても見えないであろう【鉄道路線図】などが手帳のポケット辺りに挟まれていたりする。要らないと言えば要らないのだが、多少の暇潰しにはなる。
 また、手帳の最終ページに所有者のプロフィール覧があったりする。小学生じゃあるまいし、そんなところに個人情報など書いて悪用されても困る。だが悪い癖でそういう覧があると、つい何か書き込みたくなってしまうのだ。例えば、〖Name〗,これはイニシャルだ。次に〖Address〗,ここには「Top secret(極秘)」と記す。さらに〖Birthday〗には「当てて下さい! (ヒント=カニ座)」。トドメの〖Blood type〗(血液型)に至っては「おおらかであまり物に拘らないとされる血液型」と書くようにしている。
 万が一そんなことが書かれている手帳を拾った方、それ私のです(笑)。

 さて本題なのだが、工事をするにあたり我々は【工程表】という工事が完了するまでのタイムスケジュールを作るのだが、これがくせ者で”予定は未定”的なところが少なからずある。もちろん工期の問題もあるのでキッチリ【工程表】通りに工事が進むのが大前提であるのだが・・・。しかし予定はあくまでも予定なのである。
 予定された工事が予定通り行かないのにはそれなりの理由がなければならない。【工程表】作成者の管理能力が無いというのは問題外だ(>_<)。まず考えられるファクターとしては天候による工事の遅れというものがある。外部の工事では天候に左右されるケースが多々ある。また、材料の納期が想定より時間がかかってしまうケース。納期短縮を掛けてもいかんともし難い場合がなきにしもあらずだ。さらに変更や発注ミス、思った以上に手間のかかる造作作業で予定していた日数より時間がかかってしまうケース。稀なケースとして見込んでいた業者さんが何らかの事情によりそのタイミングで現場に入れなかったりする場合などだ。
 以上のようなことがあったにしても現場監督は極力【工程表】に近づけなければならない。大変だが仕事なのでなんとか帳尻を合わせようと努力する。もう修正に次ぐ修正である(^_^;)。
 最後は”怒濤の追い込み”という修羅場世界が展開される。
 そんな時、スケジュール手帳に今日の格言として「焦りは禁物」などと書かれていれば素敵だと思いませんか(^_-)? 

家づくりコラム
建築あるある秘帖

建築あるある秘帖4【変更という名のカタストロフィー】

 

 日常生活において【変更】という局面はさほど無いような気がする。思い当たるとすれば、今夜の飲み会が誰かの都合により延期、若しくは中止になるとか、急な発熱、腹痛により学校、会社を休まなければならなくなったとか、今晩の夕飯のおかずがハンバーグを予定していたのにスーパーに行ったらメンチカツが異様に安く売られていたので急遽、そちらへシフトチェンジとか・・・。 
 まぁ日々の生活の中ではそうしょっちゅうあるものではない。だが、建築現場における【変更】というものはかなりの頻度で起こる現象なのである。
 なぜなのか?
 それは打ち合わせの段階では2次元の平面的な世界でモノを決めているのに対し、実際に家が建てられる世界が3次元の世界であり、ごく稀に、4次元の世界に迷い込む時もあるからだ(^_^;)。
 実際、立体的に家が出来て来ると元々イメージしていたものとのギャップというのは自ずと生じて来るものである。そこでの【変更】。現場の人間はそれこそ”あるある”なので慣れたものなのだが、それでも作ってしまったモノの【変更】は切ないものである。だからと言って【変更】は一切出来ませんと言ってお施主様にとっては後々悔いが残ってしまうのもどうかと思うし、難しいところだ。
 材料発注前の変更ならいくらでも対処出来るし、金額も発生しないので問題無いのだが、発注後の変更となると金銭が絡んで来るので何かと厄介である。それこそ4次元的に過去に戻りたいところだ(^_^;)。
【変更】が無いようにするにはいかに完成形のイメージを的確にお施主様に伝えるかがポイントである。より具体的に、なおかつビジュアル的にイメージしやすいようにお施主様と事前に打ち合わせする以外方法はないのだが、それでも人間には”気が変わる”という精神機能が内蔵されているのでキッチリ割り切るというわけにもいかない。
 ただ【変更】はこの業界につきものなのでお施主様は我慢せずに自分の思いを工務店に伝えたほうが絶対に良い。その後どう対処するかは話し合いで決めればいいことなので・・・。
 
 今日のおかずはやっぱりハンバーグにしたい、とレジ待ちでふと気が変わり変更するということもないではない(^_^;)。建築現場も同じである(たぶんだが・・・)。

家づくりコラム
建築あるある秘帖

建築あるある秘帖3【開けてビックリ・・・】

 

 

 「開けてビックリ玉手箱」という言葉がある。

 確かに開けていきなり白い煙が出てくればそりゃビックリする。だがそもそも”玉手箱”とはなんぞや? 玉など何処にもないではないか(笑)?
 第一、白い煙に包まれたら青年が老人になってしまうというところからして怪しい! まだ青年なら良しとする。これがたまたま老人が”玉手箱”なるものを開けてしまった日にはどうなってしまうのだ!? 想像するだけで恐ろしい。
 もうビックリする間もなく あちらの世界に行ってしまうか、還暦という言葉もあるように赤ちゃんを経た後、青年に戻れるのか?
 そんな謎に悩みつつ、建築の「開けてビックリ」の”あるある”である。
 今回のケースはリフォーム現場で遭遇することの多い”あるある”だ。浴室や洗面所の改修工事の場合、水漏れによる不具合というものが多々ある。根本の原因を究明するために該当箇所の壁や床を一度壊さなければならない。
 水廻りのそのような場所を壊して開けてみると、たいてい土台や柱が水漏れによる腐食で無くなっている場合が多い。こちらも想定しているとはいえ、物の見事に元の形状を留めていない柱や土台を実際に目の当たりにすれば少なからずビックリする。
 どのような科学変化の末にそのような状態に至るのかというほどに固かった木が泥状に姿を変えている。こうなると下地として用をなさないので差し替えるしかない。
 厄介というか、さらに驚愕せざるを得ない状況というものがある。壁や床を捲った際に、かつて柱だったり土台だったりしたものに白い粒々がびっしりと張り付き、しかもそれが何やらもぞもぞと蠢いているという悪夢的シーンに遭遇したときだ。思わず悲鳴を上げたくなる!
 【シロアリ】である。
 彼らはしっとりと水気を含んだ木が大好物なのだ。1匹、2匹ならまだ許せるがその数たるや千匹単位だ。もうそうなると薬剤による駆除しかない。彼らに悪気はないのだろうが見つかったのが運の尽き。おとなしく成仏していただく。
 
 開けてビックリといえば、梱包を開封してみたら頼んだ材料と違うものが入っていたというケースなどは”玉手箱”ほどではないにしても確実に寿命は縮んでいるはずである(^_^;)。

家づくりコラム
建築あるある秘帖

建築あるある秘帖2【魔の100切り】

 

 

 建築業界には「魔の100切り」という世にも恐ろしい言葉(フレーズ)が存在する。
 これはどういう事かと言うと、材料の端からではなく中間地点から切断したい寸法の地点(ポイント)で墨をするケースでよく起こる現象である。ミリ単位の正確さで計測しなければならないためスケールの0地点では起点を正確に出すことが出来ないからだ。
 というのは、スケールの先端部の爪部分は押し付けて計測出来る用と引っ掛けて計測出来る用との2通りの計測が可能なように若干のクリアランスがある。爪のどの部分を起点に押さえるかによって2,3ミリの誤差が生じてしまう。
 それゆえ、スケールの100ミリの数字のところを起点で押さえ実寸より100ミリ大きい寸法で墨をするのだが、うっかり実寸の数字で墨をしてしまい貴重な材料を100ミリ短くしてしまうというケースが多々(人によってだが・・・)ある。。もう「なに~やっちまったなぁ~」と叫ぶしかない状況だ(^_^;)。
 致命的なのがこのやり方で間違えた場合、実際に必要な寸法より確実に100ミリ短くなっているということだ。長く間違える分にはいいが短いと修復が不可能なのだ。
 人間は他の動物と違い”思い込む”という機能が脳に備わっている。言い換えればこのような間違いを犯すから人間なのだ。機械やAIならばこんなミスを犯さない。これぞ【人間の証明】である(言い訳モード全開だが・・・)。
  
 私は言いたい! 大工さんが使うスケールの100ミリのところに⚠️マークを貼り付けて欲しい・・・!と(笑)。

家づくりのこと、
お気軽にご相談ください

営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜日
第2、第4土曜日・祝日

ご見学をご希望の方はこちらをご覧ください